学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その46 | 回復アイテムの変更

<<前  [TOP]  次>>


プロジェクトウィンドウでAssets > FPS>Scenesを開き、MainSceneシーンをダブルクリックで開きます。

Assets&gt; FPS&gt;Scenes&gt;MainScene
Assets> FPS>Scenes>MainScene



階層ウィンドウで「Pickup_Health」ゲームオブジェクトの1つをダブルクリックします。
どちらを選択してもかまいません。

「Pickup_Health」ゲームオブジェクト
「Pickup_Health」ゲームオブジェクト



Assets > FPS > Prefabs > Pickupsフォルダにある「Pickup_Health」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップしてもかまいません。

「Pickup_Health」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ
「Pickup_Health」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ



階層にあるPickup_Healthを展開します。

Pickup_Healthを展開
Pickup_Healthを展開



次にMesh_Health_Pickupを置き換える別のモデルを選択します。
[プロジェクト]ウィンドウでAssets>ModAssets>Models>FoodPropsに移動し、必要な別のアセットを選択します。

Assets&gt;ModAssets&gt;Models&gt;FoodProps
Assets>ModAssets>Models>FoodProps



気に入ったものが見つかったらそれを[階層]ウィンドウのMesh_Health_Pickupにドラッグして配置します。

Mesh_Health_Pickupにドラッグ
Mesh_Health_Pickupにドラッグ



スケールツールと回転ツールを使用して、アセットを目的の位置、サイズ、およびビュー角度にします。

サイズと角度を調整
サイズと角度を調整



ゲームをテストして確認してください。


使用したモデルが気に入った場合は、ゲーム内のすべてのHealth_Pickupに適用できます。
「Pickup_Health」が配置されている「階層」ウィンドウで、追加したオブジェクトのGameObjectアイコンに小さな「+」記号が付いています。
「+」記号は、「Pickup_Health」プレハブに変更を加えたことを通知するためにあります。


階層の変更を加えた「Pickup_Health」を選択し、インスペクターを表示させます。

「Pickup_Health」を選択してインスペクターを表示
「Pickup_Health」を選択してインスペクターを表示



インスペクターの「Overrides」をクリックするとポップアップボックスが表示されますので「Apply All」をクリックします。

「Apply All」をクリック
「Apply All」をクリック



階層ウィンドウに戻るとGameObjectの横に表示されていた「+」記号が表示されなくなっていることがわかります。
これで変更が全ての「Pickup_Health」に適用されました。


<<前  [TOP]  次>>