学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その53 | ダンジョンを作成する

<<前  [TOP]  次>>


プロジェクトウィンドウ でAssets > FPS -> Prefabs > Level > Roomsには定型の部屋プレハブがあります。

Assets &gt; FPS -&gt; Prefabs &gt; Level &gt; Rooms
Assets > FPS -> Prefabs > Level > Rooms



その他「Level」には床や壁、階段など様々なプレハブがありますので組み合わせてダンジョンを構成できます。

「Level」
「Level」



設置した部屋を有効化させるには階層で「NavMeshSurface」を選択します。

階層で「NavMeshSurface」を選択
階層で「NavMeshSurface」を選択



「NavMeshSurface」のインスペクターで「Bake」をクリックします。
これで設置した部屋が有効化されました。

「NavMeshSurface」のインスペクターで「Bake」をクリック
「NavMeshSurface」のインスペクターで「Bake」をクリック



小道具はAssets > ModAssets > Models にあります。
シーンにドラッグ&ドロップすることで利用できます。

小道具の利用
小道具の利用



設置した小物を障害物のように扱うようにする場合は、モデル内の静的オプションを切り替えなければなりません。
「NavMeshSurface」のインスペクターで「static」のチェックボックスをオンにして「Bake」します。

「static」のチェックボックスをオン
「static」のチェックボックスをオン



<<前  [TOP]  次>>