学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その40 | ゲームの目的の変更と追加

<<前  [TOP]  次>>


目的システムは「ObjectiveKillEnemies」や「ObjectiveReachPoint」などの特定のコンポーネントを追加するだけで機能します。
目的には、ObjectiveReachPoint 、ObjectiveKillEnemies 、ObjectivePickupItemの3種類があります。


デフォルトで追加されているObjectiveKillEnemiesコンポーネントでは倒す必要のある敵の数を設定することができます。
ObjectiveKillEnemiesコンポーネントの目的はすべての敵を排除することです。
それを2体の敵だけ排除することに変えてみます。


階層ウィンドウにある「ObjectiveKillEnemies」を探して選択します。
>

「ObjectiveKillEnemies」
「ObjectiveKillEnemies」
<


[インスペクター]ウィンドウでObjective Kill Enemies(Script)コンポーネントを見つけます。

Objective Kill Enemies(Script)
Objective Kill Enemies(Script)



「 Must Kill All Enemies」チェックボックスのチェックを外します。
これによりすべての敵を殺す必要がなくなります。

Must Kill All Enemiesのチェックを外す
Must Kill All Enemiesのチェックを外す



Kills To CompleteObjectiveを2に設定します。

Kills To CompleteObjectiveを2に設定
Kills To CompleteObjectiveを2に設定



[ Display Message]コンポーネントではゲーム開始時に表示するメッセージを変更することができます。

開始時に表示するメッセージを変更
開始時に表示するメッセージを変更



再生ボタンを押して、敵を2体排除した後に勝利することを確認してください。


次に「リーチポイント目標」をシーンに追加します。
この目標はプレイヤーが指定されたエリアに入ると完了します。
プレイヤーにシークレットゾーンを見つけさせたい場合に役立ちます。
これはMicrogameに付属している「ReachPoint Objective」プレハブをドラッグアンドドロップすればできます。


プロジェクトウィンドウでAssets > FPS > Prefabsを開き、 「 ObjectiveReachPoint(Prefab Asset)」を見つけます。

「 ObjectiveReachPoint(Prefab Asset)」
「 ObjectiveReachPoint(Prefab Asset)」



プレハブをシーンにドラッグアンドドロップして設置したい位置に移動させます。

設置したい位置に移動
設置したい位置に移動



ObjectiveReachPointが[階層]ウィンドウに追加されました。
選択すると追加したObjectiveReachPointのインスペクターが開かれます。

追加したObjectiveReachPointのインスペクター
追加したObjectiveReachPointのインスペクター



インスペクターウィンドウでObjective(Script)を見つけ、[Is Optional]パラメーターのチェックを外します。

[[Is Optional]パラメーターのチェックを外す]
[Is Optional]パラメーターのチェックを外す



次に [階層]ウィンドウで[ObjectiveKillEnemies]を選択し、[インスペクター]ウィンドウを確認します。
インスペクターウィンドウでObjective(Script)を見つけ、[Is Optional]パラメーターにチェックをつけます。

[[Is Optional]パラメーターにチェックをつける]
[Is Optional]パラメーターにチェックをつける



プロジェクトウィンドウでAssets > FPS > Prefabs > Level > Signsを開き、「Sign_Pyramid_Green」プレハブを階層の「ObjectiveReachPoint」にドラッグ&ドロップします。

「Sign_Pyramid_Green」プレハブを階層の「ObjectiveReachPoint」にドラッグ&ドロップ
「Sign_Pyramid_Green」プレハブを階層の「ObjectiveReachPoint」にドラッグ&ドロップ



移動ツールで大きさや位置を調整します。

移動ツールで大きさや位置を調整
移動ツールで大きさや位置を調整



これで敵を倒す条件の代わりに設置した場所に到達すればゲームに勝利できるようになりました。


最後にアイテム収集を目標に追加する方法を解説します。
[階層]ウィンドウで[ObjectiveKillEnemies]を選択し、[インスペクター]ウィンドウを確認します。

[[ObjectiveKillEnemies]を選択]
[ObjectiveKillEnemies]を選択



インスペクターウィンドウでObjective(Script)を見つけ、[Is Optional]パラメーターにチェックをつけます。

[[Is Optional]パラメーターにチェックをつける]
[Is Optional]パラメーターにチェックをつける



プロジェクトウィンドウでObjectivePickupItemプレハブを見つけます。
ObjectivePickupItemプレハブはAssets > FPS > Prefabsにあります。

ObjectivePickupItemプレハブ
ObjectivePickupItemプレハブ



このObjectivePickupItemプレハブをシーンにドラッグアンドドロップします。

シーンにドラッグアンドドロップ
シーンにドラッグアンドドロップ



移動ツールで大きさと位置を調整します。

移動ツールで大きさと位置を調整
移動ツールで大きさと位置を調整



これで全てのクッキーを収集しないとゲームに勝利できないようになりました。


<<前  [TOP]  次>>