学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その68 | ロックされた領域を作成する

<<前  [TOP]  次>>


階層の「Environment」オブジェクトを展開し、「Rocks」のリストから最後の「Rock1」オブジェクトをダブルクリックで選択します。

最後の「Rock1」オブジェクトをダブルクリックで選択
最後の「Rock1」オブジェクトをダブルクリックで選択



この「Rock1」オブジェクトを複製し、プレイヤーの背後にスペースを作ります。

プレイヤーの背後にスペースを作成
プレイヤーの背後にスペースを作成



プロジェクトウィンドウで、Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Models > Contraptionsに移動します。

Assets &gt; LEGO &gt; Prefabs &gt; LEGO Models &gt; Contraptionsに移動
Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Models > Contraptionsに移動



「Cage」を選択し、シーンビューにドラッグします。

Cageをシーンにドラッグ&ドロップ
Cageをシーンにドラッグ&ドロップ



移動ツールを使ってドアの位置を調整します。

移動ツール使用
移動ツール使用



レゴツールを以下のようにします。

レゴツール
レゴツール



プロジェクトウィンドウで「Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Behaviour Bricks」を開きます。

Assets &gt; LEGO &gt; Prefabs &gt; LEGO Behaviour Bricks
Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Behaviour Bricks



「Move」ブロックをシーンにドラッグ&ドロップします。

「Move」ブロックをシーンにドラッグ&ドロップ
「Move」ブロックをシーンにドラッグ&ドロップ



「Move」ブロックをケージドアの緑色の棚の所定の位置にはめ込み設置します。

「Move」ブロックを設置
「Move」ブロックを設置



ブロックの矢印が下の画像のようになるよう回転させます。

ブロックを回転して調整
ブロックを回転して調整



シーンビューで「Move」ブロックを選択してインスペクターを開きます。

インスペクターを開く
インスペクターを開く



Move Action(Script)コンポーネントのDistanceプロパティを見つけ、値を「8」に変更します。
これはドアがスライドする距離になります。

値を「8」に変更
値を「8」に変更



Repeatプロパティを無効にして、ドアがこのアクションを1回だけ実行するようにします。

Repeatプロパティを無効
Repeatプロパティを無効



ツールバーで、[再生]を選択して再生モードに入り、変更をテストします。
ゲームの開始時にケージが開きます。


プロジェクトウィンドウでAssets > LEGO > Prefabs > LEGO Models > Contraptionsを開きます。
この中の「Console」プレハブを選択し、シーンにドラッグ&ドロップします。
レゴツールを下の画像のようにする必要があります。

「Console」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ
「Console」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ



レゴツールを以下のようにします。

レゴツール
レゴツール



プロジェクトウィンドウで「Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Behaviour Bricks」を開き、「Touch Trigger」ブロックをシーンにドラッグ&ドロップします。

「Touch Trigger」ブロックをシーンにドラッグ&ドロップ
「Touch Trigger」ブロックをシーンにドラッグ&ドロップ



コンソールプレハブの上部にこの「Touch Trigger」ブロックを設置します。

「Touch Trigger」ブロックを設置
「Touch Trigger」ブロックを設置



シーンで「Touch Trigger」ブロックを選択してインスペクターを開きます。

インスペクターを開く
インスペクターを開く



インスペクターで「Touch Trigger (Script) 」コンポーネントを見つけます。
現時点では、TargetプロパティはConnectedActionsに設定されています。

「Touch Trigger (Script) 」コンポーネント
「Touch Trigger (Script) 」コンポーネント



ドロップダウンメニューを使用して、TargetプロパティをSpecificActionsに設定します。

TargetプロパティをSpecificActionsに設定
TargetプロパティをSpecificActionsに設定



SpecificActionsの灰色の矢印を選択してフィールドを展開し、表示されるSizeプロパティを1に設定します。

Sizeプロパティを1に設定
Sizeプロパティを1に設定



「Select Action」をクリックします。
表示されるアクションウィンドウで「Cage Move」を選択します。

「Cage Move」を選択
「Cage Move」を選択



Repeatプロパティを無効にします。

Repeatプロパティを無効
Repeatプロパティを無効



ツールバーで、[再生]を選択して再生モードに入り、変更をテストします。
ケージのドアが自動的に開かないことを確認します。
プレイヤーがコンソールに近づくとドアが開きます。


<<前  [TOP]  次>>