学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その22 | ビルボードの設置2

<<前  [TOP]  次>>


カートゲームの時と同じようにゲーム内に看板を作成します。
プロジェクトウィンドウで Assets > ModAssets > 2D Props> BillboardPrefabsフォルダーを見つけます。

Assets &gt; ModAssets &gt; 2D Props&gt; BillboardPrefabs
Assets > ModAssets > 2D Props> BillboardPrefabs



ビルボードプレハブの1つを選択し、それをシーンビューにドラッグしてワールドに追加します。

プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ
プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ



表示させたい画像をプロジェクトにインポートします。
上部メニューバーの「Assets > Import New Asset...」をクリックします。

Assets &gt; Import New Asset...
Assets > Import New Asset...





画像を選んでインポートすると、プロジェクトウィンドウのAssetsフォルダーに追加されます。

画像のインポート
画像のインポート



追加したビルボードプレハブのBillboard Contentのインスペクターには、Spriteという名前のフィールドがあります。
インポートした画像を[Sprite]フィールドにドラッグアンドドロップします。

画像をSpriteフィールドにドラッグ&ドロップ
画像をSpriteフィールドにドラッグ&ドロップ



拡大縮小ツールを使って表示画像の大きさを調整します。

画像の大きさを調整
画像の大きさを調整



移動ツールで画像の位置をずらすこともできます。

移動ツール
移動ツール



文字を表示させるために日本語のフォントをインポートします。


今回はAssetStoreにある無料日本語フォント「Selected U3D Japanese Font」をインポートします。
上部メニューバーの「Window」>「AssetStore」を選択します。

AssetStore
AssetStore



「Selected U3D Japanese Font」を検索します。

「Selected U3D Japanese Font」を検索
「Selected U3D Japanese Font」を検索



ダウンロードしてインポートします。

ダウンロード
ダウンロード
インポート
インポート

これで日本語のフォントが使えるようになりました。


ビルボードプレハブにテキストを表示させる「TextMeshPro」を追加します。
階層にあるビルボードプレハブの「>」をクリックします。

ビルボードプレハブの詳細を表示
ビルボードプレハブの詳細を表示



階層上の「+」をクリックして「create Empty」をクリックします。

Create Empty
Create Empty



インスペクターで「TextMeshPro」と名前をつけ、「Add Component」をクリックします。

Add Componentをクリック
Add Componentをクリック



「Mesh」の「TextMeshPro」を選択してください。

「Mesh」の「TextMeshPro」を選択
「Mesh」の「TextMeshPro」を選択



移動ツールでテキスト領域の拡大縮小や移動を行います。
TextInputの部分に表示させたいテキストを入力し、FontAssetでインポートした日本語のフォントを選択します。
フォントサイズを変更し、表示を調整します。

表示テキストの調整
表示テキストの調整



これでテキストが表示されるようになりました。

テキストの表示確認
テキストの表示確認



<<前  [TOP]  次>>