学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

Ruby on Rails 6.0によるWebアプリケーション開発18 詳細と編集の外観を整える

<<前  [TOP]  次>>


「詳細」と「編集」の外観を整えてみます。
今までと同じく対応するビューを編集していきます。
「詳細」画面の見た目を変えるには「C:\Rails6\work\shop\app\views\goods」フォルダにある「show.html.erb」ファイルを編集します。


【C:\Rails6\work\shop\app\views\goods\show.html.erb】

<h1>商品の詳細</h1>
<br>
<p id="notice"><%= notice %></p>

<%= image_tag(@good.image_url, class: 'list_image', width: 180) %>

<p>
  <strong>商品ID:</strong>
  <%= @good.goods_id %>
</p>

<p>
  <strong>商品名:</strong>
  <%= @good.title %>
</p>

<p>
  <strong>詳細:</strong>
  <%= @good.description %>
</p>

<p>
  <strong>画像URL:</strong>
  <%= @good.image_url %>
</p>

<p>
  <strong>価格:</strong>
  <%= @good.price %>
</p>

<p>
  <strong>登録日:</strong>
  <%= @good.date %>
</p>

<p>
  <strong>メーカー:</strong>
  <%= @good.maker %>
</p>

<p>
  <strong>カテゴリー:</strong>
  <%= @good.category %>
</p>

<%= link_to '編集', edit_good_path(@good) %> |
<%= link_to '一覧に戻る', goods_path %>



詳細表示の修正
詳細表示の修正


続いて編集画面の見た目を修正します。
編集画面を修正するには、同じく「C:\Rails6\work\shop\app\views\goods」フォルダにある「edit.html.erb」ファイルを編集します。


【C:\Rails6\work\shop\app\views\goods\edit.html.erb】

<h1>商品情報の編集</h1>

<%= render 'form', good: @good %>

<%= link_to '詳細', @good %> |
<%= link_to '一覧に戻る', goods_path %>



編集画面の修正
編集画面の修正


実際に更新してみると、英語のメッセージが出ます。
メッセージが英語
メッセージが英語


これを日本語に変更するには「C:\Rails6\work\shop\app\controllers」フォルダにある「goods_controller.rb」ファイルを編集します。


【C:\Rails6\work\shop\app\controllers\goods_controller.rb】

class GoodsController < ApplicationController
  before_action :set_good, only: [:show, :edit, :update, :destroy]

  # GET /goods
  # GET /goods.json
  def index
    @goods = Good.all
  end

  # GET /goods/1
  # GET /goods/1.json
  def show
  end

  # GET /goods/new
  def new
    @good = Good.new
  end

  # GET /goods/1/edit
  def edit
  end

  # POST /goods
  # POST /goods.json
  def create
    @good = Good.new(good_params)

    respond_to do |format|
      if @good.save
        format.html { redirect_to @good, notice: '商品情報を新規登録しました。' }
        format.json { render :show, status: :created, location: @good }
      else
        format.html { render :new }
        format.json { render json: @good.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

  # PATCH/PUT /goods/1
  # PATCH/PUT /goods/1.json
  def update
    respond_to do |format|
      if @good.update(good_params)
        format.html { redirect_to @good, notice: '商品情報を更新しました。' }
        format.json { render :show, status: :ok, location: @good }
      else
        format.html { render :edit }
        format.json { render json: @good.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

  # DELETE /goods/1
  # DELETE /goods/1.json
  def destroy
    @good.destroy
    respond_to do |format|
      format.html { redirect_to goods_url, notice: '登録されている商品情報を削除しました。' }
      format.json { head :no_content }
    end
  end

  private
    # Use callbacks to share common setup or constraints between actions.
    def set_good
      @good = Good.find(params[:id])
    end

    # Only allow a list of trusted parameters through.
    def good_params
      params.require(:good).permit(:goods_id, :title, :description, :image_url, :price, :date, :maker, :category)
    end
end



コントローラの編集
コントローラの編集


<<前  [TOP]  次>>