学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

Ruby on Rails 6.0によるWebアプリケーション開発04 Gitのインストール

<<前  [TOP]  次>>


Git(ギット)はプログラムソースなどの変更履歴を管理するバージョン管理システムのことです。
railsを利用するにはgitをインストールしておく必要があります。


まずは「Gitのトップページ(https://git-scm.com/)」にアクセスします。

Gitのトップページ
Gitのトップページ


ページ中段の「Downloads」のリンクをクリックします。

「Downloads」リンク
「Downloads」リンク



Windowsにインストールするので「Windows」のリンクをクリックします。

Windowsリンク
Windowsリンク



ダウンロードされたファイル「Git-2.27.0-64-bit.exe」をダブルクリックで起動します。
セットアップが起動しますので「Next」で進んでください。

セットアップ起動
セットアップ起動



インストールフォルダの指定です。
そのまま「Next」で進みます。

インストールフォルダの指定
インストールフォルダの指定



コンポーネントの選択ができます。
そのままデフォルトでよいので「Next」で進みます。

コンポーネントの選択
コンポーネントの選択



メニューフォルダーを選択できます。
デフォルトでよいのでそのまま「Next」で進みます。

メニューフォルダの選択
メニューフォルダの選択



Gitで使用するデフォルトのエディターを選択できます。
そのままデフォルトの「Vim」を利用するでよいです。
「Next」で進みます。

エディターの選択
エディターの選択



環境変数PATHに「C:\Program Files\Git\cmd」というパスを追加してコマンドプロンプトでGitコマンドが実行できるようにするため「Git from the command line and also from 3rd-party software」を選択して「Next」で進みます。

Pathの追加
Pathの追加



HTTPS通信に利用するライブラリを選択します。
「OpenSSL」の利用で問題ないので、「Use the OpenSSL library」を選択して「Next」で進みます。

「Use the OpenSSL library」を選択
「Use the OpenSSL library」を選択



改行コードの自動変換についての選択です。
何もしないという「Checkout as-is, commit as-is」を選択しておいたほうが無難です。
「Next」で進みます。

「Checkout as-is, commit as-is」を選択
「Checkout as-is, commit as-is」を選択



「Git Bash」で使用するターミナルエミュレータを選択します。
どちらでも良いでが、今回はコマンドプロンプトを使う「Use Windows’ default console window」にしておきます。
「Next」で進みます。

ターミナルエミュレータの選択
ターミナルエミュレータの選択



gitからpullする時の設定を行えます。
毎回選択できるデフォルトのままでよいです。
「Default」にチェックを入れて「Next」で進んで下さい。

Default
Default



追加オプションを設定します。
「Enable file system caching」はファイルシステムのキャッシュを利用するかどうか、「Enable Git Credential Manager
Git Credential Manager for Windows 」はGitでhttps 接続する時に入力したパスワードを保持するかどうかです。
「Enable symbolic links」はデフォルトでオフになっているので無理にチェックを入れる必要はありません。
そのまま「Next」をクリックします。

追加オプションの設定
追加オプションの設定



試験的なサポートを受けるかどうか聞いています。
チェックを入れないでそのまま「Install」ボタンをクリックします。

インストール
インストール



インストールが終了したらリリースノートのチェックを外して「Next」をクリックします。

インストール終了
インストール終了



これでインストールが終了しました。
コマンドプロンプトを起動して「git --version」と入力してバージョンが表示されれば成功です。

「git --version」
「git --version」



<<前  [TOP]  次>>