学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その1 | インストール

  [TOP]  次>>


スマホのゲームアプリを作成する場合方法はいろいろありますが、まずは「unity」でゲームの全体像を把握するのが良いです。
スマホのゲームアプリを実際に作成し、アップルストアとGooglePlayにアップロードして収益を上げるところまで解説していきます。


インストールは簡単です。
以下の手順で「Unity Hub」のインストールをします。


初めてUnityをインストールする手順について | 公式<Windows編>
初めてUnityをインストールする手順について | 公式<MAC編>


インストールの途中で「Unity ID」を作成してログインする必要があります。
プランは無料の「Personal」や「student」でも十分ですので心配しなくて大丈夫です。
プランと価格について


unityをインストールします。

unityのインストール
unityのインストール



unityの推奨リリースを選択して「次へ」進みます。

推奨リリース
推奨リリース



「WebGL Build Support」「Documentation」「日本語」にチェックを入れて「実行」をクリックします。

unityバージョン選択と機能追加
unityバージョン選択と機能追加



「unity Hub」の設定を「日本語」に変更します。
保存先はデフォルトで
Windows:「C:\Program Files\Unity\Hub\Editor」
Mac:「/Application/Unity/Hub/Editor」
となります。

環境設定ボタン
環境設定ボタン


環境設定
環境設定



プロジェクトを作成します。
unity Hubで「プロジェクト」の「新規作成」をクリックします。

プロジェクト新規作成
プロジェクト新規作成



テンプレートは「Karting MicroGame」を選択、プロジェクト名、保存先を入力したら「作成」をクリックします。

プロジェクトを作成
プロジェクトを作成



スクリーンショットのようなソフトウェア=Unityが起動したら、スマホゲームアプリ制作に取り掛かることができます。

スマホゲームアプリ制作開始
スマホゲームアプリ制作開始



  [TOP]  次>>