学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その8 | パーティクルを追加

<<前  [TOP]  次>>


カートのホイールから放出されるパーティクルエフェクトを追加する方法を解説します。


メニューバーで[ゲームオブジェクト] > [エフェクト] > [パーティクルシステム]をクリックします。

パーティクルシステム
パーティクルシステム



前回設置したお祝いクラッカーのパーティクルエフェクトと同じ場所に新しいパーティクルエフェクトが設置されるので一度手前に移動させます。

新しいエフェクトを移動
新しいエフェクトを移動



新しく追加されたエフェクトは階層ウィンドウに「Particle System」という名前で登録されています。
パーティクルエフェクトウィンドウで一時停止/再開/停止をクリックして、シーンビューをコントロールできます。

新しく追加されたエフェクト
新しく追加されたエフェクト



パーティクルシステムを際立たせるために、光るマテリアルを新規で割り当てます。
プロジェクトウィンドウで作成する場所を右クリックし、[作成] > [マテリアル]を選択します。
今回は「Assets > Karting」フォルダの中に作成します。

新規マテリアル作成
新規マテリアル作成



「GlowingParticleMaterial」という名前をつけます。

マテリアル名「GlowingParticleMaterial」
マテリアル名「GlowingParticleMaterial」



インスペクターウィンドウで、シェーダーstandardから標準非点灯に変更します。
[シェーダー]ドロップダウン> [パーティクル]> [standard Unlit]をクリックします。
これによりパーティクルが光と影の影響を受けなくなり、代わりに単色でレンダリングされるようになります。

standard unlit
standard unlit



[レンダリングモード]ドロップダウン> [fade]をクリックします。

レンダリングモード「fade」
レンダリングモード「fade」



[カラーモード]ドロップダウン> [Multiply]をクリックします。

カラーモード「Multiply」
カラーモード「Multiply」



Albedoの横にある円のアイコンをクリックします。
ポップアップウィンドウで、Default-Particleを見つけて選択します。

Albedoの横の円をクリック
Albedoの横の円をクリック
Default-Particleを選択
Default-Particleを選択



明るさを上げるにはAlbedoの横にあるHDRボックスのカラーピッカーをクリックし、[Intensity]スライダーを2.7にドラッグします。

HDRボックスをクリック
HDRボックスをクリック
Intensityを2.7
Intensityを2.7



輝くマテリアルができたのでこれをパーティクルシステムに割り当てます。
プロジェクトウィンドウから階層内のParticle Systemオブジェクトにマテリアルを直接ドラッグして新しいマテリアルでレンダリングします。

マテリアルを直接ドラッグ
マテリアルを直接ドラッグ



Particle Systemのマテリアルが変更されました。

Particle Systemのマテリアル変更確認
Particle Systemのマテリアル変更確認



階層にあるPostProcessVolumeをクリックします。

PostProcessVolumeをクリック
PostProcessVolumeをクリック



PostProcessVolumeのインスペクタでOverridesの下にあるBloomドロップダウンの矢印をクリックして展開し、[Intensity]フィールドに8を入力します。

Intensity 8
Intensity 8



[パーティクルシステム]の[開始サイズ] 、[開始色] 、[開始速度]などの設定を試してみてください。

パラメータの変更
パラメータの変更



各フィールドの右側にある矢印をクリックすると、[ 2つの定数の間でランダム]を選択できます。
値を入力できる2番目のフィールドが表示されますので試してみてください。

ランダム定数フィールド
ランダム定数フィールド



GravityModifierフィールドを使用すると、パーティクルに重力を適用できます。

重力の適用
重力の適用



作成したパーティクルをカートに追従させるには、パーティクルシステムオブジェクトをカートオブジェクトの子にする必要があります。
カートの車輪の横にパーティクルシステムをドラッグするために移動ツールを使用します。

移動ツール
移動ツール



階層でKartBodyオブジェクトとParticle Systemオブジェクトを見つけます。
KartBodyの上にParticle Systemをドラッグします。

KartBobyにドラッグ
KartBobyにドラッグ



移動ツールでシーンのParticle Systemオブジェクトをタイヤの後ろに移動させます。

Particle Systemオブジェクトを移動
Particle Systemオブジェクトを移動



これでタイヤからエフェクトが表示されるようになりました。

テストプレイ
テストプレイ



コピーして移動させれば同じ効果を反対のタイヤに実装することもできます。

コピーして移動
コピーして移動



<<前  [TOP]  次>>