学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その5 | 小道具を利用する

<<前  [TOP]  次>>


「Assets > Mod Assets > 3DProps」には利用できる小道具があります。
大きさを変えたり、色を付けたり自由にできるのでチャレンジしてみてください。


大きな門を設置してみました。

大きな門
大きな門



他の小物も紹介します。

小物1
小物1
小物2
小物2
小物3
小物3
小物4
小物4
小物5
小物5



プレハブをシーンビューにドラッグして、ワールドに追加します。
これは、「インスタンス化」または「インスタンスを作成する」とも呼ばれます。


一度追加したプレハブはコピーすることもできます。
選択した状態で「Duplicate(複製)」します。

複製
複製



元のプレハブと全く同じ位置に複製されるので新しいプレハブを移動しましょう。

複製の移動
複製の移動



ツールを使えば回転や巨大化などもできます。

ツールの利用
ツールの利用



追加したクマを自動で揺らぐように設定します。
クマを選択した状態でインスペクターの[コンポーネントの追加]をクリックます。

コンポーネント追加
コンポーネント追加



「Jiggler」と検索し、Jigglerスクリプトを選択します。

Jigglerスクリプト
Jigglerスクリプト



デフォルトではジグラースクリプトはツリーを少し押しつぶして伸ばします。
インスペクタの[RoTation Jig Amount(回転ジグ量)]で、Y値に100を入力します。
これによりY軸を中心にクマが回転します。
お尻をフリフリするような動きになります。

y回転の量変更
y回転の量変更



Unity Asset Storeを使用すると、他のUnity開発者が作成した小道具、スクリプト、開発ツールを取り入れることで、プロジェクトをさらにカスタマイズできます。
カートマイクロゲームの場合は、以下のリンクにある低ポリゴンアセットパックを試してみてください。
assetstore.unity.com


インポートしたプレハブは Assets > MegaPackLite1 に色々と入っています。


外部アセットをインポートしてシーンに追加すると、ゲームのパフォーマンスに影響を与える可能性があり、ゲームをWebで共有する場合に問題が発生する可能性があります。
アセットを試す前に、ゲームのバックアップコピーを作成することをお勧めします。


<<前  [TOP]  次>>