学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

PHPプログラミング入門その14 HTMLの隠しフィールド(2020年4月更新)

<<前  [TOP]  次>>


隠しフィールドを使用する例です。

<input type="hidden" その他の属性>

「その他の属性」は以下のとおり

  • name="フィールド名"
  • value="送信される文字列"


    以下のHTMLファイルとPHPプログラムをテキストエディタで作成して「phpsample」フォルダに保存して下さい。


    【send-hidden.html】

    <p>何かを送信します</p>
    
    <form action="receive-hidden.php" method="post">
    
    	<input type="hidden" name="a" value="test">
    	<input type="hidden" name="b" value="テスト">
    
    	<input type="submit">
    
    </form>
    



    【receive-hidden.php】

    <p>postされた値</p>
    
    <?php
    	foreach ($_POST as $index=>$var) {
    		print("${index} = ${var}<br>\n");
    	}
    
    ?>
    



    postされた要素値は、これまでと同様「$_POST['a']」や「$_POST['b']」で取得できます。


    上記の例では、$_POST配列のすべてのインデックスと要素を表示しています。


    Apacheを起動し、Webブラウザで「http://localhost/phpsample/send-hidden.html」にアクセスして実行結果を確認してください。


    ブラウザの表示
    ブラウザの表示


    送信ボタンをクリックした結果
    送信ボタンをクリックした結果


    <<前  [TOP]  次>>