学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その31 | スピードパッドとバウンスパッドを追加

<<前  [TOP]  次>>


スピードパッドはプレイヤーがその上を歩くとプレイヤーの速度を瞬間的に変更します。


Projectウィンドウで Assets > ModAssets > Powerup Prefabsを開きます。

 Assets &gt;  ModAssets &gt; Powerup Prefabs
Assets > ModAssets > Powerup Prefabs



Speedpadプレハブを選択してシーンにドラッグして任意の場所に配置します。

Speedpadプレハブを配置
Speedpadプレハブを配置



Speedpadプレハブのインスペクターでは調整可能な最大速度パラメーターがあります。
インスペクターに移動し、Platformer Speed Pad(script)の下でMax Speedを見つけます。
Max Speedを5に設定してみます。

Speedpadプレハブのインスペクター
Speedpadプレハブのインスペクター



[Play]をクリックして、スピードパッドの上を歩いてみてください。


バウンスパッドはプレイヤーがその上を歩くときに、プレイヤーの垂直速度を変更します。
Projectウィンドウで Assets > ModAssets > Powerup Prefabsを開きます。

 Assets &gt;  ModAssets &gt; Powerup Prefabs
Assets > ModAssets > Powerup Prefabs



BouncePadプレハブを選択してシーンにドラッグして任意の場所に配置します。

BouncePadプレハブを配置
BouncePadプレハブを配置



BouncePadプレハブのインスペクターには調整可能な垂直速度パラメーターがあります。
Platformer Jump Pad(Script)でVertical Velocityの値を3に設定してみます。

Vertical Velocityの値を3に設定
Vertical Velocityの値を3に設定



[Play]をクリックして、スピードパッドの上を歩いてみてください。
ジャンプボタンを押さなくてもジャンプをするはずです。


<<前  [TOP]  次>>