学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その64 | チュートリアル「Add an enemy」

<<前  [TOP]  次>>


チュートリアルのタブで「Add an enemy」をクリックします。

「Add an enemy」をクリック
「Add an enemy」をクリック



プロジェクトウィンドウで「Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Models > Characters」が開かれるので「Galo」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップします。

「Galo」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ
「Galo」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ



プロジェクトウィンドウで「Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Behavior Bricks」が開かれるので「Shoot」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップします。

「Shoot」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ
「Shoot」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ



この「Shoot」プレハブを「Galo」プレハブの上に設置します。

「Shoot」プレハブを「Galo」プレハブの上に設置
「Shoot」プレハブを「Galo」プレハブの上に設置



テストプレイをして確認します。
設置した鳥の敵から弾が発射され、その弾に触れるとプレイヤーが崩れ落ちるようになりました。


プロジェクトウィンドウの「Assets > LEGO > Prefabs > LEGO Behavior Bricks」にある「Look At」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップします。

「Look At」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ
「Look At」プレハブをシーンにドラッグ&ドロップ



この「Look At」プレハブを「Galo」プレハブの上に設置します。

「Look At」プレハブを「Galo」プレハブの上に設置
「Look At」プレハブを「Galo」プレハブの上に設置



シーンの「Shoot」プレハブを選択してインスペクターを開きます。

「Shoot」プレハブを選択してインスペクターを開く
「Shoot」プレハブを選択してインスペクターを開く



「Velocity(速度)」と「Accuracy(正確さ)」を設定して敵の強さを変更します。

敵の強さを設定
敵の強さを設定



テストプレイをして確認してみましょう。
「Look At」プレハブを設置したことで敵が常にプレイヤーの方を向くようになりました。


<<前  [TOP]  次>>