学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

フリーDICOMサーバを使用したPACS構築その1 ソフトウェアのダウンロード(2020年3月更新)

[TOP]  次>>


まずはフリーのDICOMサーバをダウロードします。
名前は「CONQUEST(コンクエスト)」で、少しずつ開発が続いているようです。
バージョンは2020年3月15日に公開された「1.5.0」です。
下記のURLからCONQUESTをダウンロードします。
Conquest DICOM software


ページ下方にある「Download dicomserver150.zip」からZIPファイルをダウンロードします。

Conquest DICOM software 1.5.0のダウンロード
Conquest DICOM software 1.5.0のダウンロード


ダウンロードしたZIPファイルを展開すると「dicomserver150」というフォルダが出来ます。


次に使用するデータベースをダウンロードしましょう。
使用できるデータベースはODBC、DbaseIII、MySQL、PostgreSQL、SqLiteですが、今回はPostgreSQLを使ってみることにします。


下記リンクのページからダウンロードします。
https://www.postgresql.org/


ページ上部の「Download」に移動します。
PostgreSQLトップページ
PostgreSQLトップページ


「Binary packages」の「Windows」をクリックします。
Binary packagesダウンロード
Binary packagesダウンロード


リンク「Download the installer」をクリックします。
Download the installer
Download the installer


現在の最新バージョンである「12.2」を選択します。
今回は使用しているPCが64bitなので「Windows x86-64」のものをクリックします。
PostgreSQLダウンロード
PostgreSQLダウンロード


これで必要なソフトのダウンロードは終了です。


[TOP]  次>>