学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

フリーDICOMサーバを使用したPACS構築その2 データベースのインストール(MySQL編)

<<前  [TOP]  次>>


ダウンロードしたMySQLをインストールしてみましょう。


「mysql-installer-community-8.0.19.0.msi」をダブルクリックします。
まずはMySQL のインストールタイプを選択します。
「MySQL Server」の機能だけで充分なので「Server only」を選択して「Next」ボタンをクリックします。

「Server only」
「Server only」


最終確認です。
「Execute」をクリックするとインストールが開始されます。
最終確認
最終確認


ステータスが「complete」になったら「Next」ボタンで進みます。
ステータス「complete」
ステータス「complete」


インストールした「MySQL Server」の初期設定を行います。
「Next」ボタンで進みます。
初期設定
初期設定


単独でMySQLを利用しますので「Standalone MySQL Server/Classic MySQL Replication」を選択して「Next」ボタンをクリックします。
「Standalone MySQL Server/Classic MySQL Replication」
「Standalone MySQL Server/Classic MySQL Replication」


サーバタイプを「Development Computer(開発用)」「Server Computer(サーバ用)」「Dedicated Computer(Mysql専用のサーバ用)」の中から選びます。
今回は 「Server Computer(サーバ用)」で設定します。
通信手段は「TCP/IP」、ポート番号もデフォルトの「3306」のままで構いません。
他のアプリケーションで「3306」を使用している場合は変更して下さい。
MySQL X Protocolのポート番号も同様にデフォルトの「33060」で大丈夫です。
「Next」で進みます。
サーバタイプの設定
サーバタイプの設定


認証方式の選択です。
新しい方式の「Use Strong Password Encryption for Authentication」で良いです。
「Next」で進みます。
認証方式の選択
認証方式の選択


rootアカウントのパスワードの設定とユーザー追加の設定画面です。
管理者アカウントである rootアカウントのパスワードを設定します。
2か所に同じパスワードを入力して下さい。
ユーザーアカウントは後から追加できるのでここでは作成しません。
パスワードを入力したら「Next」で進みます。
パスワードの設定
パスワードの設定


WindowsでMySQL を実行する場合、Windows の起動および停止時にMySQLが自動的に起動および停止するようにWindows サービスとしてインストールすることが推奨されています。
サービス名は「MySQL80」となり、Windows起動時にMySQLも起動されます。
「Next」で進みます。
Windowsサービスの登録
Windowsサービスの登録


最終確認画面です。
「Execute」をクリックすると設定が有効化されMySQLサーバーが起動します。
最終確認
最終確認


全てにチェックがついたら「Finish」をクリックします。
インストールの終了
インストールの終了


続いて他のソフトウェアの初期設定画面に移ります。
「Next」で進みます。
初期設定
初期設定


今回は他のソフトウェアを何もインストールしていないのでそのまま「Finish」で終了します。
初期設定の終了
初期設定の終了


まずは「C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 8.0\bin」にPathを通しておきます。
コントロールパネルのシステムを開いて「システムの詳細設定」に進みます。
システムの詳細設定
システムの詳細設定


「環境変数」をクリックします。
環境変数
環境変数


システム環境変数の「Path」を選んで「編集」をクリックします。
Pathの編集
Pathの編集


Pathの末尾を「;」(セミコロン)で区切って「C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 8.0\bin」を追加して「OK」します。
Pathの編集
Pathの編集
この時Windowsの初期パスは消去しないようにしてください。
例えば以下のような記述になるはずです(Windows8.1の場合)。
「%SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbem;%SYSTEMROOT%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 8.0\bin;」


ではMySQLが起動できるか確認してみます。
コマンドプロンプトを起動して「mysql -u root -p」と入力します。
パスワードを聞かれるので先程インストール時に設定したパスワードを入力して下さい。
MySQLログイン確認
MySQLログイン確認


このようになれば、正しくMySQLに接続出来ています。
「exit」と入力して[Enter]キーを押せばMySQLの接続が切れます。
データベースの切断
データベースの切断


<<前  [TOP]  次>>