学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

【MacOSX】Postgresqlのインストール

MacにPostgresql(バージョン11.8)をインストールします。


まずはPostgresqlホームページに移動します。
www.postgresql.org


上部の「Download」をクリックします。

Downloadをクリック
Downloadをクリック



「MacOS」をクリックします。

MacOSをクリック
MacOSをクリック



「Download the Installer」をクリックします。

Download the installer
Download the installer



MacOSXの「バージョン11.8」のDownloadをクリックします。

Download
Download



ダウンロードされたZIPファイルをダブルクリックで解凍し、解凍された「postgresql-11.8-2-osx」ファイルをダブルクリックします。


セットアップウィザードが起動します。
「Next」で次に進んでください。

セットアップ起動
セットアップ起動



インストールフォルダを選択できます。
そのままデフォルトで良いので「Next」で進んでください。

インストールフォルダ選択
インストールフォルダ選択



インストールするコンポーネントを選択できます。
全てインストールするのでそのまま「Next」をクリックします。

コンポーネント選択
コンポーネント選択



データを格納するディレクトリを選択できます。
そのままデフォルトで良いので「Next」で進みます。

データ格納ディレクトリ選択
データ格納ディレクトリ選択



データベース接続時のパスワードを設定します。
パスワードを入力して「Next」をクリックします。

管理者パスワードの入力
管理者パスワードの入力



ポート番号はそのままデフォルトの「5432」で良いのでそのまま「Next」で進みます。

ポート番号「5432」
ポート番号「5432」



デフォルトの文字コードを選択できます。
「ja_JP.UTF-8」を選択して「Next」で進みます。

文字コード選択
文字コード選択



確認画面が表示されます。
そのまま「Next」で進みます。

確認画面
確認画面



「Next」で進みインストールを開始してください。

インストール開始
インストール開始



「Finish」をクリックしてインストーラを終了してください。

インストール終了
インストール終了



続いてスタックビルダの設定をします。
「postgreSQL 11」を選択して「Next」で進みます。

PostgreSQL 11を選択
PostgreSQL 11を選択



ここではいろいろなバージョンのサーバやドライバを選択してインストールすることができます。
今回は必要ないのでそのまま「Cancel」で終了します。

Cancelで終了
Cancelで終了



PostgreSQL 11の「pgAdmin4」を起動します。

pgAdmin4
pgAdmin4



インストール時に設定したパスワードを入力してログインします。

ログイン
ログイン



ログインできました。
これでインストールは終了です。

ログイン成功
ログイン成功



PATHの設定をします。
「~/.bash_profile」ファイルにパスを追加します。
ターミナルで以下のコマンドを実行します。
echo 'export PATH=$PATH:/Library/PostgreSQL/11/bin' >> ~/.bash_profile

PATHの追加
PATHの追加



「~/.zprofile」ファイルにもパスを追加します。
ターミナルで以下のコマンドを実行します。
echo 'export PATH=$PATH:/Library/PostgreSQL/11/bin' >> ~/.zprofile

PATHの追加
PATHの追加



ターミナルを一度終了して再起動します。


バージョン確認をします。
postgres --version

バージョン確認
バージョン確認