学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

Ruby on RailsでWebアプリケーション開発その2 SQLiteのインストール

<<前  [TOP]  次>>


Railsを利用する場合には、データ格納するためのデータベースをインストールしなければなりません。
RailsのデフォルトデータベースがSQLiteで、SQLite用の組み込みドライバが付属していますので、SQLiteを使用する場合は面倒な追加作業はいりません。


今回は SQLite3.22をインストールします。


SQLiteのトップページに移動します。
SQLite Home Page


f:id:MrRadiology:20180124102309j:plain
「Download」をクリックします。


今回はWindows64ビットマシンにインストールします。
f:id:MrRadiology:20180124102603j:plain
「sqlite-dll-win64-x64-3220000.zip」というリンクをクリックします。


ZIPファイルがダウンロードされますので、ダウンロードが終わったらファイルを展開して下さい。
展開フォルダの中には「sqlite3.def」と「sqlite3.dll」の2つのファイルがあります。
f:id:MrRadiology:20180124112833p:plain


この展開フォルダ「sqlite-dll-win64-x64-3220000」をフォルダごとCドライブにコピーして下さい。


次にコマンドプロンプトでSQLコマンドを実行するために「sqlite3.exe」ファイルもダウンロードします。
64ビット用のものが見当たらないので、32ビット用の「sqlite-tools-win32-x86-3220000.zip」をダウンロードします。


f:id:MrRadiology:20180124120011p:plain


再びZIPファイルがダウンロードされますので、ダウンロードが終わったらファイルを展開して下さい。
展開フォルダの中には「sqlite3.exe」と2つのファイルがあります。
f:id:MrRadiology:20180124121154p:plain
この3つのファイルを先程Cドライブにコピーした「sqlite-dll-win64-x64-3220000」フォルダの中にコピーします。


f:id:MrRadiology:20180124121305p:plain


ではこのフォルダのアドレス「C:\sqlite-dll-win64-x64-3220000」にPathを通しましょう。


コントロールパネルで「システム」に移動し、「システムの詳細設定」をクリックします。
f:id:MrRadiology:20180111091028j:plain


下にある「環境変数」のボタンをクリックします。
f:id:MrRadiology:20180111091133j:plain


システム環境変数の「Path」をクリックして「編集」をクリックします。
f:id:MrRadiology:20180124113901j:plain


その末尾にセミコロン「;」でつなげて「C:\sqlite-dll-win64-x64-3220000」を追加します。
f:id:MrRadiology:20180124114049p:plain
追加したら「OK」をクリックして下さい。


これで「C:\sqlite-dll-win64-x64-3220000」にパスが通りましたので、SQLiteが動くか確認してみます。
コマンドプロンプトを開いて「sqlite3 -version」や「sqlite3 -help」と入力します。
f:id:MrRadiology:20180124122018p:plain
バージョンやコマンド一覧などが出れば準備OKです。


<<前  [TOP]  次>>