学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

Google認証 APIキー

Googl認証を利用するためのAPIキーの取得手順です。


まずご自分のGoogleアカウントで「google cloud platform」にログインします。
console.cloud.google.com


メニューバーの矢印マークをクリックします。

矢印マーク
矢印マーク


「新しいプロジェクト」をクリックします。
新しいプロジェクト
新しいプロジェクト


プロジェクト名を入力し、作成を押します。
プロジェクト名入力
プロジェクト名入力


ナビゲーションメニューの「APIとサービス」の「ダッシュボード」に移動します。
APIとサービスのダッシュボード
APIとサービスのダッシュボード


「APIとサービスを有効化」をクリックします。
APIとサービスの有効化
APIとサービスの有効化


Google認証を利用する場合に必要なAPIは「Google+ API」、「Contacts API」の2つです。
この2つを有効化します。

Google+ API
Google+ API
Contacts API
Contacts API



OAuth 同意画面で「外部」にチェックを付けて「作成」をクリックします。

「外部」→「作成」
「外部」→「作成」



アプリ名とメールを登録してください。

アプリ名とメール
アプリ名とメール



保存します。

保存
保存



「認証情報」で「認証情報を作成」をクリックします。

認証情報を作成
認証情報を作成



OAuth クライアント IDを選択します。

OAuth クライアント ID
OAuth クライアント ID



アプリケーションの種類を「ウェブアプリケーション」にしてください。
OAuth 2.0 クライアントの名前も入力します。

ウェブアプリケーション
ウェブアプリケーション



「承認済みのリダイレクト URI」で「URIを追加」をクリックします。

URIを追加
URIを追加



URIに「http://localhost:3000/auth/google_oauth2/callback」と入力して下さい。
その後「作成」をクリックします。

作成
作成



表示される「クライアントID」と「クライアントシークレット」をコピーしておいてください。

クライアントIDとクライアントシークレット
クライアントIDとクライアントシークレット