学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

C++プログラミング入門その17 ポインタ(pointer)を使用したプログラム

<<前  [TOP]  次>>


Visual Studioで新規プロジェクトを作り、次のcppファイルを作成して下さい。


PointerTest1.cpp 直

#include <iostream>
#include <stdlib.h>

void main() {

	int a, *pa;
	float x, *px;

	a = 9; x = 2.5;
	pa = &a;
	px = &x;

	std::cout << "変数a のアドレスは、" << pa << "です。" << std::endl;
	std::cout << "変数x のアドレスは、" << px << "です。" << std::endl;

	pa++;
	px++;

	std::cout << "変数a の次のアドレスは、" << pa << "です。" << std::endl;
	std::cout << "変数x の次のアドレスは、" << px << "です。" << std::endl;
}



コンピュータでは、変数の値はすべて「メモリ」に格納されています。
C++では、メモリの位置を直接表す「ポインタ」という機能が用意されています。


この格納されているメモリの位置を表すのが「アドレス」と呼ばれるものです。


変数の値が格納されているメモリのアドレスを知るには、アドレス演算子の「&」を使います。

& 変数名

アドレスは16進数で表示されます。


例えば
>|cpp
int a=5;
|