学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その60 | チュートリアル「Get Stared」

<<前  [TOP]  次>>


チュートリアルタブの「Get Stared」をクリックします。

「Get Stared」
「Get Stared」



「Start」をクリックします。

Start
Start



上部の「Play」ボタンをクリックするとゲームをテストプレイすることができます。

ゲームをテストプレイ
ゲームをテストプレイ



マウスで視点を変えてスペースでジャンプできます。
キーボードの「W」「A」「D」「X」で移動できます。

操作方法
操作方法



階層にある「PlayerMinifig」をクリックします。

「PlayerMinifig」
「PlayerMinifig」



インスペクターで「Max Forward Speed」を「13」に変更します。
これによりプレイヤーの移動スピードが早くなります。

「Max Forward Speed」を「13」に変更
「Max Forward Speed」を「13」に変更



上部メニューバーの「File」>「Save」を選択して変更を保存します。
Windowsの場合「Ctr+S」、Macの場合「Command+S」でも保存が可能です。
テストプレイをして変更を確認します。

テストプレイで変更を確認
テストプレイで変更を確認



<<前  [TOP]  次>>