学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その38 | 武器のロックを解除する

<<前  [TOP]  次>>


FPSマイクロゲームをビルドして共有すると新しい武器のロックを解除することができます。
まずはゲームをビルドします。
上部メニューバーの「File」 > 「Build Settings」を開きます。

「File」 &gt; 「Build Settings」
「File」 > 「Build Settings」



「WebGL」の「Build」をクリックしてゲームをビルドします。

ゲームをビルド
ゲームをビルド



ビルド名と保存場所を選択して「Save」をクリックします。
ビルドが終了したら上部メニューバーの「Publish」 > 「WebGL Project」をクリックするとゲームを共有することができます。


「Publish」をクリックしてゲームを公開します。

ゲームを公開
ゲームを公開



アップロードが終了すると、武器のアセットを無料で入手できるポップアップが表示されますので「Get Asset」をクリックします。

武器アセットのロック解除
武器アセットのロック解除



アセットストアが開きますので「Sniper Rifle - FPS Microgame」の「Open Unity」のリンクをクリックします。

Open Unityをクリック
Open Unityをクリック



UnityでPackage Managerが開きますので「Sniper Rifle - FPS Microgame」をダウンロードしてインポートします。

「Sniper Rifle - FPS Microgame」のインポート
「Sniper Rifle - FPS Microgame」のインポート



スナイパーライフルはプレイヤーにとってプレミアムな武器です。
遠くから非常に速い弾丸を発射して多くのダメージを与えますがリロードに時間がかかります。


スナイパーライフルの色をカスタマイズするには、プロジェクトウィンドウのAssets > AddOns > MgFPS_SniperRifleを開きます。
開いた「MgFPS_SniperRifle」フォルダの中にある「Weapon_SniperRifle」マテリアルと「Weapon_SniperRifle_Seco」マテリアルの色を変更すればライフルの色が変わります。

色の変更
色の変更



それではスナイパーライフルをゲーム内に追加します。
プロジェクトウィンドウでAssets > FPS >ScenesにあるMainSceneシーンを開きます。

MainScene
MainScene



Assets > AddOns > MgFPS_SniperRifleにある「Pickup_SniperRifle」をシーンにドラッグアンドドロップします。
これでプレイヤーがライフルを拾うと使用できるようになります。
テストプレイをして確認してください。
取得したライフルを使用するにはマウスホイールで切り替えます。

「Pickup_SniperRifle」をシーンにドラッグアンドドロップ
「Pickup_SniperRifle」をシーンにドラッグアンドドロップ



リロード時間を調整します。
プロジェクトウィンドウでAssets > AddOns > MgFPS_SniperRifleにある「Weapon_SniperRifle(Prefab」を開いてインスペクターウィンドウを確認します。

「Weapon_SniperRifle(Prefab」
「Weapon_SniperRifle(Prefab」



4秒ごとに使用できるようにする場合は、「Ammo Reload Rate」を0.25に変更する必要があります。

Ammo Reload Rate
Ammo Reload Rate



「Ami Zoom Raito」と「Ami Offset」を変更することでスコープを見ているように照準をズームさせることもできます。
ゲーム内で照準を合わせるにはマウスの右クリックを押し続けます。

ズームして照準を合わせる
ズームして照準を合わせる



<<前  [TOP]  次>>