学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails, Python, Django

unity | スマホゲームアプリを作成する その28 | カスタムトリガー

<<前  [TOP]  次>>


お祝いの紙吹雪を実装します。


メニューバーでGameObject > 2D Object > Spriteを選択します。
これがトリガーとなります。

GameObject &gt; 2D Object &gt; Sprite
GameObject > 2D Object > Sprite



作成されたGameObjectの名前を「ConfettiTrigger 」に変更します。

ConfettiTriggerに名前を変更
ConfettiTriggerに名前を変更



インスペクターのPositionでZの値を「0」にします。

PositionのZ値を0
PositionのZ値を0



インスペクターのSprite Rendererで 「None (Sprite)」の横の円をクリックします。

Sprite Renderer
Sprite Renderer



「TileGround」を検索して選択してください。

「TileGround」を検索して選択
「TileGround」を検索して選択



移動ツールとスケールツールを使用して、プレーヤーが歩くことができるシーンの一部を覆うようにタイルを調整します。

移動ツールとスケールツールを使用
移動ツールとスケールツールを使用



インスペクターで[コンポーネントの追加]をクリックします。

コンポーネントの追加
コンポーネントの追加



Box Collider2Dを検索して追加します。

Box Collider2D
Box Collider2D



インスペクターのBox Colliderコンポーネントで「Is Trigger」のチェックボックスをオンにします。

Is Triggerをオン
Is Triggerをオン



もう一度インスペクターで[コンポーネントの追加]をクリックします。

コンポーネントの追加
コンポーネントの追加



「Simple Trigger」を検索して選択します。

Simple Trigger
Simple Trigger



階層のPlayerプレハブをConfettiTrigger のインスペクターに追加した「TriggerBody」フィールドにドラッグ&ドロップします。

Playerプレハブをドラッグ&ドロップ
Playerプレハブをドラッグ&ドロップ



プロジェクトビューでAssets > ModAssets > Platformer > Particle Prefabsを開き、「ConfettiCelebration」を見つけます。

「ConfettiCelebration」
「ConfettiCelebration」



このConfettiCelebrationプレハブを階層のConfettiTriggerにドラッグ>

ConfettiTriggerにドラッグ
ConfettiTriggerにドラッグ
<します。


ConfettiTriggerをクリックし、インスペクターのSimple TriggerコンポーネントでOn Trigger Enter()の下にある「+」をクリックします。

On Trigger Enter()の下にある「+」をクリック
On Trigger Enter()の下にある「+」をクリック



階層の「ConfettiCelebration」を「None(Object)」フィールドにドラッグします。

階層の「ConfettiCelebration」を「None(Object)」フィールドにドラッグ
階層の「ConfettiCelebration」を「None(Object)」フィールドにドラッグ



No Function のフィールドをクリックし、ParticleSystem > Play を選択します。

ParticleSystem &gt; Play
ParticleSystem > Play



次に、ConfettiTriggerメッシュを非表示にして、道路上で見えないようにする必要があります。
Sprite Rendererのチェックボックスをオフにしてください。

Sprite Rendererのチェックボックスをオフ
Sprite Rendererのチェックボックスをオフ



これでプレイヤーが通過すると紙吹雪が出るようになりました。


<<前  [TOP]  次>>