学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース、Ruby on Rails

C++プログラミング入門 コンパイラの導入(Visual Studio Community2019)

[TOP]  次>>


コンピュータでは機械語を処理して様々な仕事を処理しています。
しかし機械語というのは「0」と「1」の数字の羅列からできており、人間が理解できる内容ではありません。
そこで人間が解りやすい言葉を機械語に変換する作業が必要となります。


「C++」はコンパイラというソフトウェアを使って機械語に翻訳されることになっています。


「C++」で作成したプログラムをコンパイルするためには、Windowsでは「Microsoft Visual C++」などが利用されています。
C言語のコンパイラはJavaとは違い有料のソフトウェアです。
「C++」を使ってプログラミングをする場合、まずコンパイラを手に入れなければなりません。


今回はMicrosoftから無償で提供されている「Visual Studio Community」をインストールして進めます。
機能限定版ですが、C++を勉強するには充分です。


Visual Studio 2019 ( https://visualstudio.microsoft.com/ja/vs/ )」にアクセスし、「Visual Studioのダウンロード」→「Community2019」を選択します。

Visual Studio 2019トップページ
Visual Studio 2019トップページ


ダウンロードされた「vs_community.exe」ファイルを実行します。
インストーラーが起動しますので「続行」をクリックして進みます。
インストーラーの起動
インストーラーの起動


今回はC++を勉強するのが目的なので「C++によるデスクトップ開発」のみを選択して「インストール」をクリックします。
C++によるデスクトップ開発選択
C++によるデスクトップ開発選択


かなり時間がかかりますが、最後に再起動をすればインストールは完了です。
コンピューターの再起動
コンピューターの再起動


インストールされたVisual Studioを起動してみます。
Visual Studio起動
Visual Studio起動


マイクロソフトのアカウントでサインインします。
サインイン
サインイン


パスワードを入力してサインインを押します。
パスワード入力
パスワード入力


「開発設定」を「Visual C++」にして「Visual Studioの開始」をクリックします。
Visual Studioの開始
Visual Studioの開始


これで設定は終わりです。
コンパイルが出来るかどうか確認をしてみましょう。


Visual Studioでは、まずプロジェクトを作成するところから始めます。
「新しいプロジェクトの作成」を選択してください。
新しいプロジェクトの作成
新しいプロジェクトの作成


「空のプロジェクト」を選択し、次へ進みます。
空のプロジェクト
空のプロジェクト


プロジェクト名は何でも良いので、デフォルトのまま「Project1」にしておきます。
プロジェクトはプログラムを作るためのファイルを管理するもので、ソリューションはプロジェクトを管理するためのコンテナ(入れ物)です。
入門ではソリューションに1つのプロジェクトしか持ちませんので「ソリューションとプロジェクトを同じディレクトリに配置する」にチェックを入れる必要はありません。
チェックを入れる時は、ソリューションに複数のプロジェクトを持たせる場合です。
ソリューション名もデフォルトのまま「Project1」で「作成」をクリックします。
プロジェクト作成
プロジェクト作成


プロジェクトが作成されました。
プロジェクト作成完了
プロジェクト作成完了


ではC++のプログラムファイルを作成してみます。
「プロジェクト」の「新しい項目の追加」を選択します。
新しい項目の追加
新しい項目の追加


「C++ファイル」を選んで、名前を「Welcome.cpp」にして下さい。
最後に「追加」ボタンを押します。
C++ファイル追加
C++ファイル追加


追加されたCPPファイルに、以下のように記述してみます。


【Welcome.cpp】

#include <iostream>

int main() {

	std::cout << "ようこそ!C++の世界へ!";
	std::cout << std::endl;

}

コード記述
コード記述


記述が終わったら保存ボタンを押しましょう。
C++ファイルの保存
C++ファイルの保存


ではこのサンプルプログラム「Welcom.cpp」をコンパイルしてみます。
「ビルド」の「Project1のビルド」を選択します。
プロジェクトのビルド
プロジェクトのビルド


成功すると下の出力に以下のようなメッセージが出ます。
ビルド成功メセージ
ビルド成功メッセージ


次はプログラムの実行です。
「デバッグ」の「デバッグなしで開始」を選択します。
デバッグなしで開始
デバッグなしで開始


「ようこそ!C++の世界へ!」という文字がコマンドプロンプトに表示されました。
これで正常にプログラムの実行が出来たことになります。
プログラムの実行
プログラムの実行


[TOP]  次>>