学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

Rubyプログラミング入門その1 プログラムの作成と実行

<<前  [TOP]  次>>


まずは作業用(Rubyのプログラムファイルを保存する場所)のフォルダを作成します。
今回はRubyのインストールフォルダの中に作ります。
Cドライブの「Ruby25-x64」フォルダの中に「work」というフォルダを作ります。
f:id:MrRadiology:20180111090138j:plain


作成したプログラムファイルはこの「work」フォルダに保存することになります。


コマンドプロンプトでプログラム実行する際、この「work」フォルダに移動しやすいように環境変数を設定しておきましょう。
コントロールパネルで「システム」に移動し、「システムの詳細設定」をクリックします。
f:id:MrRadiology:20180111091028j:plain


下にある「環境変数」のボタンをクリックします。
f:id:MrRadiology:20180111091133j:plain


システム環境変数の下にある「新規」をクリックします。
f:id:MrRadiology:20180111091640j:plain


変数名を「work」、変数値を「C:\Ruby25-x64\work」として「OK」を押します。
f:id:MrRadiology:20180111093315p:plain


ではコマンドプロンプトを開いて、「work」フォルダに移動してみます。
cd %work%
と入力してみましょう。
f:id:MrRadiology:20180111093706p:plain
簡単に「work」フォルダへ移動できるようになりました。


ではRubyのプログラムを作成してみましょう。
Rubyのプログラムは、メモ帳を使って記述していきます。


入力は、一部を除いて半角英数で入力してください。
一部とは、コメントや出力したい文字列などを指します。


保存するときは、ファイルの種類を「すべての種類」にし、タイトルには必ず拡張子の「.rb」をつけて保存します。


まずは、メモ帳を開いて次のプログラムを作ってみましょう。


【welcome.rb】

# Welcome.rb

puts 'ようこそ!Rubyの世界へ!'



ファイル名を「welcome.rb」にします。この時、拡張子「.rb」を必ずつけて下さい。
文字コードを「UTF-8」に指定するのも忘れずに行って下さい。
文字コードの指定をしていないと文字化けします。
f:id:MrRadiology:20180111105543j:plain


では作成したプログラムを実行してみましょう。
コマンドプロンプトを開き、「work」フォルダに移動してruby welcome.rbと入力します。
f:id:MrRadiology:20180111111217p:plain


最初の「#」で始まる1行は、コメントです。
「puts」はシングルコーテーション「'」で囲まれた部分を標準出力させるという命令です。


<<前  [TOP]  次>>