学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

PHPプログラミング入門その7 条件分岐if

<<前  [TOP]  次>>


POSTされた内容によって処理を分けたい場合の例です。


PHPでは、条件分岐の制御構造としてifが用意されています。

if ( 条件式 ) {
  処理;
} else if ( 条件式 ) {
  処理;
} else {
  処理;
}



「else if」や「else」は省略可能です。
また処理が1行の場合は{}を省力して記述することも可能です。

if ( 条件式 )  処理;



以下のHTMLファイルとPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。


enq.html 直

<p>下記の値を入力してください。</p>

<form action="enq-result.php" method="post">

	<p>
		姓(必須): <input type="text" name="sei_kan"><br>

		名(必須): <input type="text" name="mei_kan"><br>

		せい(ひらがな:必須): <input type="text" name="sei_kana"><br>
		めい(ひらがな:必須):<input type="text" name="mei_kana"><br>

		メールアドレス(半角英数:必須):  <input type="text" name="mail1"><br>
		メールアドレス確認(半角英数:必須):  <input type="text" name="mail2"><br>
	</p>

	<input type="submit">
	<input type="reset">
</form>



enq-result.php 直

<p>呼び出されたPHPプログラム</p>

<?php
	$error=0;
	$sei_kan=$_POST['sei_kan'];
	$mei_kan=$_POST['mei_kan'];
	$sei_kana=$_POST['sei_kana'];
	$mei_kana=$_POST['mei_kana'];
	$mail1=$_POST['mail1'];
	$mail2=$_POST['mail2'];

	if ($sei_kan == "") {
		$error=1;
		$message="";
	}
	else if ($mei_kan == "") {
		$error=1;
		$message="";
	}
	else if ($sei_kana == "") {
		$error=1;
		$message="せい";
	}
	else if ($mei_kana == "") {
		$error=1;
		$message="めい";
	}
	else if ($mail1 == "") {
		$error=1;
		$message="メールアドレス";
	}
	else if ($mail2 == "") {
		$error=1;
		$message="確認メールアドレス";
	}
 
	if ($error == 1) {
		print("<bold>${message}</bold>が入力されていません。");
		print("前のページに戻って入力してください。<br>\n");
	}
	else {
		print("確認画面<br>\n");
		printf("姓名(ひらがな):%s%s(%s%s)<br>\n", $sei_kan, $mei_kan, $sei_kana, $mei_kana);
		print("メールアドレス${mail1}<br>\n");
	}

?>



各文字列が空文字列("")だった場合に、「error」として適当なメッセージを代入しています。
その後、「error」があればエラーメッセージを表示して、「error」がなければ確認画面を表示します。


Apacheを起動し、Webブラウザで「http://localhost/phpsample/enq.html」にアクセスして実行結果を確認してください。








<<前  [TOP]  次>>