学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

Ruby on RailsでWebアプリケーション開発その13 レイアウトの編集

<<前  [TOP]  次>>


Railsにはレイアウトを表示させる機能があります。
レイアウトは「app」の「views」フォルダの中にある「layouts」フォルダに置くことになっています。
レイアウトファイルは「application.html.erb」という名前です。


タイトルの部分だけ編集しました。
【app/views/layouts/application.html.erb】

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Railsはじめてマート</title>
    <%= csrf_meta_tags %>

    <%= stylesheet_link_tag    'application', media: 'all', 'data-turbolinks-track': 'reload' %>
    <%= javascript_include_tag 'application', 'data-turbolinks-track': 'reload' %>
  </head>

  <body>
    <%= yield %>
  </body>
</html>



<body>タグの中に<%= yield %>という記述があります。
このyieldメソッドでは、Railsによって自動的にページ固有のコンテンツが設定されます。
今回の場合は「app/views/goods/」フォルダに入っている「.rhtml.erb」ファイルがこれにあたります。

<%= stylesheet_link_tag    'application', media: 'all', 'data-turbolinks-track': 'reload' %>

この記述ではスタイルシートとして「app/assets/stylesheets」フォルダにある「application.css」ファイルを読み込むように設定しています。
さらに「application.css」ファイルでは「app/assets/stylesheets」フォルダにあるすべての「SCSS」ファイルを読み込むように設定してあります。

<%= javascript_include_tag 'application', 'data-turbolinks-track': 'reload' %>

この記述では「app/assets/javascripts」フォルダにある「application.js」ファイルを読み込むように設定しています。
さらに「application.js」ファイルでは「app/assets/javascripts」フォルダにあるすべてのjavascriptファイルを読み込むように設定してあります。


今回はタブのタイトルの部分だけ変わってます。
f:id:MrRadiology:20180202150240j:plain


<<前  [TOP]  次>>