学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

Rubyプログラミング入門その4 条件判定するプログラム if

<<前  [TOP]  次>>


メモ帳を開いて次の条件判定するプログラムを作ってみましょう。


【iftest1.rb】

# iftest1.rb

puts '1st message' 

puts '2nd message' 

if 10 > 100 then

	puts 'select true' 

end

	puts 'select false' 

puts 'last message'



では、プログラムの内容をみていきましょう。
このプログラムは、if 文という構文を使っています。

if 条件 then

end



もし、ifのあとの条件に当てはまれば、その後のthen~endので囲まれた部分の処理が実行されます。
もし条件に当てはまらなければ、then~endので囲まれた部分の処理は行われません。
その後、end後の処理が行われます。


このことをふまえて、プログラムを見ていきます。

if 10 > 100 then

	puts 'select true' 

end

条件(10>100)は明らかにfalse(偽)ですから、「select true」という文字列は表示されずにend後の処理に移ります。

end

	puts 'select false' 

end後の処理に移り、「select false」という文字列が表示されます。


では出力結果を見てみます。
f:id:MrRadiology:20180112110640p:plain


もう一つ、条件判定するプログラムを見てみましょう。


【iftest2.rb】

# iftest2.rb

x= rand(0.1..0.9)

puts x

if x > 0.8 then 
		puts '今日のあなたはとても幸運です!' 

elsif x > 0.5 then 
		puts '今日のあなたはちょっと幸運です。' 

elsif x > 0.2 then 
		puts '今日のあなたはちょっと不運です。' 

else 
		puts '今日のあなたはかなり不運です!'
end



このプログラムでもif文を使っていますが、前のプログラムでは出てこなかったelsifというのが新しく出てきています。


また、rand(0.1..0.9)というものも出てきています。
Rubyのパッケージの中に含まれるもので、「0.1以上0.9未満の値」をランダムに得ることができます。


それでは、今回出てきた構文を見ていきましょう。

if 条件1 then
elsif 条件2 then
・・・
else
end



このプログラムでは最初、if 条件 then から読み込まれます。
その後、elsif 条件 thenが読まれます。
elsif は何個でも記述することができます。
条件に当てはまるものが何もなければ、最後にelseが実行されます。


何回か実行して結果を確認してみましょう。
f:id:MrRadiology:20180112115455p:plain


<<前  [TOP]  次>>