学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

Rubyプログラミング入門その2 簡単な計算をするプログラム

<<前  [TOP]  次>>


今回は簡単な計算をするプログラムを作成してみます。


メモ帳を開いて次の計算プログラムを作ってみましょう。
【keisan1.rb】

# Keisan1.rb

x = 50
y = 7

z = x * y

puts 'x*y=' + z.to_s

z= x / y;

puts 'x/y=' + z.to_s

z = x % y

puts 'x%y=' + z.to_s



ではプログラムの内容を見ていきましょう。
まず最初に変数「x」と「y」に整数を代入しています。
その後、変数「z」に「x*y」の計算結果を代入しています。
この時点で変数「z」の値は350になっているはずです。
putsで「x*y=」というのを標準出力させ、そのあとに「+」で繋いで「z」に格納されている数字を出力させます。
「z」には整数が入っているので、そのまま「+」で文字列としてつなげることは出来ません。
「.to_s」メソッドを使って変数「z」を文字列に変換して出力しています。
その後、「z= x / y」として変数「z」の値を上書きさせています。
直後の変数「z」の出力は「 x / y」の計算結果が表示されます。
「x/y」は割り算の商を、「x%y」は割り算の余りを計算させています。


ではコマンドプロンプトでruby keisan1.rbと入力して実行結果を見てみます。


f:id:MrRadiology:20180111120642p:plain


<<前  [TOP]  次>>