学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

フリーDICOMサーバを使用したPACS構築その6 K-PACSとCONQUESTの設定

<<前  [TOP]  次>>


早速K-PACSを起動してみましょう。
デスクトップに出来たアイコンをクリックして起動します。
この時、ファイヤーウォールでブロックしないように注意しましょう。


起動したら画面右上にあるアイコンをクリックして、CONQUEST(DICOMサーバ)を登録しましょう。
f:id:MrRadiology:20180106105243j:plain


f:id:MrRadiology:20180106105316p:plain
クリックするとこのような画面が出てきます。
ここで、CONQUESTの情報を登録します。
CONQUESTのAEタイトルは「CONQUESTSRV1」、ポート番号は「5678」に設定しています。
IPアドレスの項目にはCONQUESTを起動しているサーバのIPアドレスを入力します。


ネットワークを構築する場合、各PCに固有のIPアドレスをつけて、CONQUESTを起動するPCのIPアドレスを入力すれば良いです。
固有IPを付けないで試す場合は、コマンドプロンプトで「ipconfig」と打てばIPv4のアドレスがわかります。
そのアドレスを入力して下さい。


f:id:MrRadiology:20180106110343j:plain
Logical nameは、K-PACSでの呼び方なので、何でも良いです。自分の分かりやすい名前を付けてください。
「ECHO」ボタンを押して、「Success」と出たら成功です。
「Save」ボタンを押して終了してください。


これで、K-PACS側の設定は完了しましたが、CONQUEST側でもう一つ設定があります。
サーバでCONQUESTの「Known DICOM Providers」のタブを開いてください。
f:id:MrRadiology:20180109150431p:plain


ここで、K-PACSの情報を登録します。
テキスト欄に、以下のように入力してください。
f:id:MrRadiology:20180106110938p:plain
ここでは、K-PACSをインストールしたPCのIPアドレスを「127.0.0.1」としています。
K-PACSをインストールしたPCに固有のIPアドレスをつけている場合はそのアドレスに変更して下さい。
固有IPを付けないで試すだけの場合は、コマンドプロンプトで「ipconfig」と打てばIPv4のアドレスがわかります。
まず、K-PACSのAE タイトル「KPServer」を入力し、半角スペース、もしくはTabキーでスペースを空けます。
その後に、IPアドレス、スペースを空けて、ポート番号「104」を入力し、スペースを空けて、「un」と入力します。
この「un」とは、圧縮形式を指していまして、「uncompressed(非圧縮)」の略です。
記述が終わりましたら、画面右上の「Save this list」ボタンを押して設定を記録してください。
f:id:MrRadiology:20180106111225p:plain


すると、最初だけ以下のような確認のインフォメーションが出ます。
f:id:MrRadiology:20180106111304p:plain
Yesを押して「ACRNEMA.MAP」を使う設定しておいてください。
もし、MRIやCT等の医療機器からDICOM画像を転送する場合は、ここにMRI、CT等のAEタイトル、IPアドレス、ポート番号を登録しておく必要があります。


以上ですべての設定が終わりました。


<<前  [TOP]  次>>