学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

PHPプログラミング入門その18 別ファイルのPHPを読み込む

<<前  [TOP]


汎用的に利用できるPHPを作成できたら、そのPHPは他のPHPでも利用できます。


別ファイルを読み込むには以下のような方法があります。

  • 【include("ファイル名")】読み込むべきファイルがなくても警告出力後に処理を続行する
  • 【include_once("ファイル名")】上記に同じ。ただし1度だけファイルを読み込む。
                     この関数なら互いにinclude()していても、無限に処理を繰り返すなどの不都合を防ぐことができる
  • 【require("ファイル名")】include()と同じ。ただし、ファイルがない場合はエラー出力して処理を中断する
  • 【require_once("ファイル名")】include_once()と同じ。ただし、ファイルがない場合はエラー出力して処理を中断する


    読み込むべきファイルは、まずは呼び出したプログラムがあるカレントディレクトリから探しだされます。
    そこにファイルがない場合は設定ファイルphp.iniのinclude_pathで設定されたディレクトリ群から探します。


    以下の2つのPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。


    print-test-inc.php 直

    <p>
    =================================<br>
    print-test.php<br>
    
    <?php
    	print("テストファイルです。<br>\n");
    ?>
    
    =================================<br>
    </p>
    



    includetest1.php 直

    <p>別ファイルのPHPを利用する</p>
    
    <?php
    	print("print-test-inc.phpを呼び出します");
    	include("print-test-inc.php");
    	print("includetest1.phpに戻ってきました");
    ?>
    



    Apacheを起動し、Webブラウザで「http://localhost/phpsample/includetest1.php」にアクセスして実行結果を確認してください。





    次は存在しないファイルを指定した場合のプログラムです。


    以下のPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。


    includetest2.php 直

    <p>存在しないファイルを呼び出した場合</p>
    
    <?php
    	print("存在しないファイルを呼び出します");
    	include("aa.php");
    	//require("aa.php");
    	print("includetest2.phpに戻ってきました");
    ?>
    



    Webブラウザで「http://localhost/phpsample/includetest2.php」にアクセスして実行結果を確認してください。





    警告は出ますが、includetest2.phpの処理は最後まで実行されています。
    もしコメントアウトしてあるrequire()を使用した場合は、処理が中断され、「includetest2.phpに戻ってきました」の部分は出力されません。


    <<前  [TOP]