学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

PHPプログラミング入門その16 HTTPヘッダ header()関数

<<前  [TOP]  次>>


HTMLのやり取りはHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)という手順に沿って行います。


クライアントからの要求に応えて、ページを送信する際には、ページの内容以外にも、そのページに関する情報が内容の前に付加されています。
このような内容本体に先立って記述されている情報を「(HTTP)ヘッダ」と呼びます。


このHTTPヘッダを送信するのがheader()関数です。


以下の3つのHTMLファイルとPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。


fruits.html 直

<p>あなたが好きな果物はどちら?</p>

<form action="fruits-select.php" method="post">
	<input type="radio" name="fruits" value="peach" checked><br>
	<input type="radio" name="fruits" value="orange">みかん<br>

	<input type="submit">
	<input type="reset">

</form>



fruits-select.php 直

<?php
	$select=$_POST['fruits'];

	header("Location: http://localhost/phpsample/".$select.".html");
?>



peach.html 直

<p>
	あなたが好きな果物は桃ですね<br>
</p>



orange.html 直

<p>
	あなたが好きな果物はみかんですね<br>
</p>



fruits-select.php 直では、fruits.html 直のラジオボタンの値に応じて、Locationヘッダフィールドを利用して適当なページへリダイレクトします。


Apacheを起動し、Webブラウザで「http://localhost/phpsample/fruits.html」にアクセスして実行結果を確認してください。








<<前  [TOP]  次>>