学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

PHPプログラミング入門その9 条件分岐 switch

<<前  [TOP]  次>>


switchはある条件式の値にそって分岐処理を行います。

switch ( 条件式 ) {
case 値:
  処理;
case 値:
  処理;
default:
  処理;
}



「case」は1つでも良いです。
また、すべての「case」に一致しない場合の処理を記述する「default」は省略可能です。


通常caseで実行される処理の最後はbreakとします。
breakしないと次のcaseの値に関わらず次のcaseに記述された処理が実行されてしまいます。


以下のHTMLファイルとPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。


input-number.html 直

<p>1-6の数値を入力してください。</p>

<form action="print-number.php" method="post">

	<p>
		数値入力(1-6): <input type="text" name="number"><br>
	</p>

	<input type="submit">
	<input type="reset">
</form>



print-number.php 直

<p>呼び出されたPHPプログラム</p>

<?php
	switch ($_POST['number']) {
		case 1:
			print("値は1。");
			break;
		case "2":
			print("値は2。文字定数のように指定しても実行される。");
			break;
		case 3:
		case 4:
			print("値は3か4。");
			break;
		case 5:
			print("値は5。5にはbreakがないので「case 6:」も実行される。<br>");
		case 6:
			print("値は6。");
			break;
		default:
			print("値は1-6以外。");
			break;
	}
?>



Apacheを起動し、Webブラウザで「http://localhost/phpsample/input-number.html」にアクセスして実行結果を確認してください。








<<前  [TOP]  次>>