学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

PHPプログラミング入門その4 変数と演算子

<<前  [TOP]  次>>


以下のPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。


introduce4.php 直

<p>自己紹介をします。</p>

<?php
	$number = 1;
	print("私は".$number."位を目指します。<br>");
	$food = "ラーメン";
	print("私は".$food."が好きです。<br>");
	print("私は{$food}が好きです。<br>");
	print('私は{$food}が好きです。<br>');
?>



Apacheを起動し、Webブラウザで「http://localhost/phpsample/introduce4.php」にアクセスして下さい。
以下のように表示されるはずです。





「$変数名=値」の、「=」の前後の空白はあってもなくても良いです。


$numberはprint中では文字列として扱われます。


以下のようにしては誤りです。

print("私は".$number+100."位を目指します<br>");

以下のように()で囲むことが必要です。

print("私は".($number+100)."位を目指します<br>"); は正しいです


print("私は{$food}が好きです。<br>");

ダブルコーテーション「"」の中に含めるときには「{$変数名}」あるいは「${変数名}」としなければなりません。
前後を空白にして「 $変数名 」でも良いですが、表示的にも空白が入ります

print('私は{$food}が好きです。<br>');

シングルコーテーション「'」は変数の展開を行いません。
この場合は、そのまま「私は{$food}が好きです」と表示されます。


以下のPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。


vartest.php 直

<p>変数を使いまわす</p>

<?php
	$a = 1;
	print('$a='.$a.'<br>');

	$a += 10;
	print('$a='.$a.'<br>');
	print('($a+100)='.($a+100).'<br>');

	$a = "ラーメン";
	print('$a='.$a.'<br>');

	$a = $a."ライス";
	print('$a='.$a.'<br>');

	$a .="大盛り";
	print('$a='.$a.'<br>');

	$a .= 200;
	print('$a='.$a.'<br>');

	$a += "1000";
	print('$a='.$a.'<br>');
?>



PHPは変数の型を宣言する必要はありません。
なお変数名として表記として使用できるのは「英数字」か「_」であらわされる文字列です。


Webブラウザで「http://localhost/phpsample/vartest.php」にアクセスして結果を確認してみましょう。





PHPは以下のような演算子がありますので、参考にして下さい。

演算子意味
newクラスからインスタンスを生成
[インデックス
! ~
++ --
(int) (double) (string) (array) (object)
@
否定
1加算(減算)
キャスト(型変換)
エラーメッセージの非表示
* / %乗除余り
+ - .加減・連結
<< >>ビットのシフト(移動)
< <= > >=比較演算子
== != === !===比較演算子
&ビット演算子(論理積)
^ビット演算子(排他的論理和)
|ビット演算子(論理和)
&&論理演算子(論理積)
||論理演算子(論理和)
?:比較演算子(三項演算子)
= += -= *= /= %= &= |= ^= <<= >>=代入演算子
print表示
and論理演算子(論理積)
xor論理演算子(排他的論理和)
or論理演算子(論理和)
,列挙




<<前  [TOP]  次>>