学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

PHPプログラミング入門その1 最初のPHPプログラム

<<前  [TOP]  次>>


まずはCドライブの「Apache24」フォルダにある「htdocs」フォルダに「phpsample」という名前のフォルダを作成します。
ここに、これから作成するPHPプログラムを置くことにします。


では、以下のPHPプログラムをメモ帳で作成して、「phpsample」フォルダに保存して下さい。
ファイルの拡張子を「.php」にしてください。
ファイルを保存するときは、文字コードを「UTF-8」にして下さい。
PTPは、デフォルトの文字コードが「UTF-8」で設定されているので、それ以外の文字コードでファイルを作成すると、日本語が文字化けしてしまいます。





hello.php 直

<?php
	print("Hello! PHP\n");
	print("ようこそ! PHPの世界へ!\n");
?>



上記のプログラムを入力したらWebブラウザからアクセスしてみましょう。
あらかじめ、Apacheを起動しておいて下さい。


http://localhost/phpsample/hello.php


アクセスすると、ブラウザにはこのように表示されるはずです。



では、順に説明していきます。

<?php

PHPを始めたい最初に指定します。
大文字PHPでも良いです。

print("Hello! PHP\n");
print("ようこそ! PHPの世界へ!\n");

文字列の出力です。
命令の終わりは必ず「;」が必要です。
改行したいなら「\n」も必要です。
しかし今回は「\n」があってもブラウザ上で改行されません。
HTMLとして出力しているので、「<br>」などを使わない限り、Webブラウザでは改行されないのです。

?>

PHPの終了をあらわします。


<<前  [TOP]  次>>