学生向けプログラミング入門

学生向けにプログラミングを解説。Java、C++、Ruby、PHP、データベース

PHPプログラミング入門 PHPのインストール

<<前  [TOP]  次>>


ますは「http://php.net/」にアクセスします。



ページ左上の「Downloads」をクリックしてダウンロードページに移動します。



今回は、2016年9月現在の最新版である「PHP 7.0.11」をダウンロードしてみます。
「PHP 7.0.11」の「Windows downloads」をクリックします。



Windows32ビットの場合は「VC14 x86」の「ZIP」を、Windows64ビットの場合は「VC14 x64」の「ZIP」をクリックしてダウンロードします。
ここで気をつけるのは、Apacheと連動が出来るように、「Thread Safe」の方をダウンロードすることです。




Windows32ビットの場合は「php-7.0.11-Win32-VC14-x86.zip」、Windows64ビットの場合は「php-7.0.11-Win32-VC14-x64.zip」というZIPフィルがダウンロードされるはずです。


今回はWindows64ビットでインストールしています。


ダウンロードしたZIPファイルを展開します。
今回は展開先のフォルダ名を、そのまま「php-7.0.11-Win32-VC14-x64」としました。


この展開した「php-7.0.11-Win32-VC14-x64」フォルダをそのままCドライブにコピーします。


では次に、パス(PATH)を設定します。


コントロールパネルを起動し、「システムとセキュリティ」を開きます。



そのなかの「システム」を選択します。



画面左の「システムの詳細設定」を選択します。



環境変数に進みます。



「○○のユーザー環境設定」のリストの中からPathを選択して「編集」をクリックし、変数値に表示された文字列の末尾に、
「C:\php-7.0.11-Win32-VC14-x64;」 と入力し、「OK」を押します。
ない場合は、「新規」を押し変数名を「Path」にします。
もし、複数Pathが記述されている場合は、つなぎ部分を「;(セミコロン)」で区切ってください。





次に、「php.ini」ファイルを設定します。


Cドライブに先程コピーした「php-7.0.11-nts-Win32-VC14-x64」ファルダを開くと、中に「php.ini-development」と「php.ini-production」というファイルがあります。
この2つのファイルは、以下のような意味があります。


  • 「php.ini-development」: 開発環境で使用
  • 「php.ini-production」: 本番運営時に使用


    今回は、開発環境で使用するため「php.ini-development」を使用します。
    「php.ini-development」をコピーして、同じフォルダにコピーします。
    そして、コピーしたファイルのファイル名を「php.ini」に変更して下さい。


    さらに、この「php.ini」ファイルをCをドライブの「Windows」ファルダにコピーして下さい。


    これでPHPのインストールは終了です。
    コマンドプロンプトを開いて、「php -v」と入力してみましょう。
    PHPのバージョンが表示されるはずです。





    続いて、ApacheにPHPを組み込みます。


    Cドライブの「php-7.0.11-Win32-VC14-x64」ファルダに、「php7ts.dll」というファイルがあります。
    これを、Cをドライブの「Windows」ファルダにある「system32」フォルダにコピーします。


    次に、先程Cをドライブの「php-7.0.11-nts-Win32-VC14-x64」ファルダに作成した「php.ini」を編集します。
    「php.ini」ファイルをメモ帳で開いて、次の6ヶ所の項目を修正します。
    先頭についている「;」がコメントを表す記号ですので、これを消して書き換えるという作業をしていきます。
    メモ帳の「編集」にある「検索」を利用すると作業がはかどります。
    1. [includeパスの設定: 456行目]
      他のPHPプログラムなどを読み込むためのincludeパスを設定します。

      元の記述
      ; Windows: "\path1;\path2"
      ;include_path = ".;c:\php\includes"
      
      書き換え後
      ; Windows: "\path1;\path2"
      include_path = ".;C:\php-7.0.11-Win32-VC14-x64\includes"
      



    2. [拡張モジュールを置いておくディレクトリを指定: 471行目]

      元の記述
      ; On windows:
      ; extension_dir = "ext"
      
      書き換え後
      extension_dir = "C:\php-7.0.11-Win32-VC14-x64\ext"
      



    3. [拡張モジュール(マルチバイト文字列)の使用: 584行目]
      マルチバイト文字列の操作が可能になり、正規表現による検索や置換などが行えます。
      修正はコメントを外すだけです。

      元の記述
      ;extension=php_mbstring.dll
      
      書き換え後
      extension=php_mbstring.dll
      



    4. [拡張モジュール(SQLite)の使用: 612行目]
      バンドルされているデータベースSQLite3をWindowsで使用するため、手動で設定ファイルを変更する必要があります。
      下記のように、PHP の中からデータベースにアクセスするための記述もあわせて行ってください。
      記述順も下記の通りにする必要があります。

      元の記述
      ;extension=php_sqlite3.dll
      
      書き換え後
      extension=php_pdo_sqlite.dll
      extension=php_sqlite3.dll
      



    5. [日本語コードの設定: 1117行目]
      PHP内部で扱う文字コードの設定です。

      元の記述
      [mbstring]
      ; language for internal character representation.
      ;mbstring.language = Japanese
      
      ; internal/script encoding.
      ; Some encoding cannot work as internal encoding. (e.g. SJIS, BIG5, ISO-2022-*)
      ; If empty, default_charset or internal_encoding or iconv.internal_encoding is used.
      ; The precedence is: default_charset < internal_encoding < iconv.internal_encoding
      ;mbstring.internal_encoding =
      
      書き換え後
      ; language for internal character representation.
       mbstring.language = Japanese
      
      ; internal/script encoding.
      ; Some encoding cannot work as internal encoding. (e.g. SJIS, BIG5, ISO-2022-*)
      ; If empty, default_charset or internal_encoding or iconv.internal_encoding is used.
      ; The precedence is: default_charset < internal_encoding < iconv.internal_encoding
      mbstring.internal_encoding = SJIS
      



    次にApacheのファイルを修正してApacheにPHPを組み込みます。
    Cドライブの「Apache24」フォルダにある「conf」フォルダの中に「httpd.conf」ファイルがあるのでこれを修正します。
    「httpd.conf」ファイルをメモ帳で開いて、以下の2ヶ所を書き換えます。
    1. [PHPモジュールの組み込み: 173行目]
      「php7_module」を追加。

      [この記述の下に追加]
      LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
      
      [追加後]
      LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
      LoadModule php7_module "C:\php-7.0.11-Win32-VC14-x64\php7apache2_4.dll"
      #php.ini の場所を設定
      PHPIniDir "C:\php-7.0.11-Win32-VC14-x64"
      

    2. [ファイル拡張子による処理の指定: 800行目]
      「*.php」であればPHPを利用することを指定します。

      [この記述の下に追加]
      #AddType text/html .shtml
      #AddOutputFilter INCLUDES .shtml
      
      [追加後]
      #AddType text/html .shtml
      #AddOutputFilter INCLUDES .shtml
      AddType application/x-httpd-php .php
      AddType application/x-httpd-php-source .phps
      



    これで設定はすべて終了です。


    <<前  [TOP]  次>>